Mr.人狼 ~Mr.Werewolf~

「汝は人狼なりや?」続わかめてエディションの戦術論とか色々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

推理方法の分類

今回は、推理方法の分類について。
色々ある推理方法をタイプ別に分類してみよう、という目論見。

この種の分類はポポロさんが既に行っていますが、私の分類も大体これに近い感じになると思います。

推理の基本1:「推理≒仮説」
推理の基本2:「相手の立場に立って考える」


【推理方法の分類】

ということで、実際に分類していこうと思います。
まずは分類その1
・推理方法の分類その1

1. 発言からの推理
2. 投票からの推理
3. 噛みからの推理
4. 能力者CO人数・タイミングからの推理
5. 占い判定結果からの推理
6. 霊能判定結果からの推

どの要素を元に推理をしていくか、という観点からの分類。
この分類はポポロさんの分類とほぼ同じですね。
私の場合能力者のCO人数と判定結果を分けて考えていますが、大きな違いは無さそう。

まあ、大体こんなところが推理要素になっているわけですね。
で、分類その2
・推理方法の分類その2

1. 役職の内訳・構成に関する推理
2. 潜伏狼(狐)に関する推理


もうちょっと大きな括りで分けると、推理法というのはこの二つに分かれるのでは・・・と思ったり。

前者は役職の内訳と、狼が潜伏に何匹いて役職に何匹いて既に吊れてるのが何匹、みたいのを考える推理。
後者は具体的に「誰が潜伏狼なのか」を考える推理。

分類その1における「噛み」「CO人数」「判定結果」あたりは主に前者を考えるための要素ですね。
んで「投票推理」は後者を考えるためのもの。
発言は両方に絡んできますね。

もちろん「噛み方」や「判定結果」から潜伏狼を探すこともありますし、「投票」から構成が見えてくることもあります。
でも基本は↑みたいに分かれてるかなあ、という印象。

・推理方法の分類その3

1. 狼(狐・狩人)視点からの推理
2. 狼が裏をかくリスクからの推理
3. ミス・矛盾・整合性からの推理
4. システム・時間的な限界からの推理
5. メタ

いまいち分け方が洗練されてないんですが、これが分類その3。
分類1のそれぞれの推理要素に対し、どこに注目して推理してくの? みたいな分類。

1.は推理の基本2で書いた「自分が狼だったらどう動くか」「あのタイプの人が狼だったらどう動くか」という視点からの推理。
2.は推理の基本1で書いた「狼にとって裏をかくリスクが高いほどその推理法の信頼度が高い」という考えからの推理。
3.はそのまま。一つ例を挙げると、14856番地の3日目における私の発言とか。

◆一般市民さん 「霊能を吊れいのう(訳:某コテハンさん、パクってごめんなさい)」

◆ハウス尾崎さん 「一般目線だと、狼犬さん偽濃厚なのに吊られても構わない発言か。」
◆ハウス尾崎さんの独り言 「いや、偽「濃厚」ではなくて確定だったな。狐居ないので。」

ハウス尾崎さんは「狼犬さん偽」と言っていますが、実際には私(霊騙り)視点で「あずさん狼確定」の状況。
まあこの発言もミスと言えばミスですねw  こういったミスから疑われる状況もあるかも知れません。

でまあ、そんな軽いミスもありつつも、ハウス尾崎さんの突っ込みは、霊能者騙りをしていた私を物凄くビビらせたのでした。状況。

【占い師】
・狼犬:らーぽん(狐)○ 噛まれ
・あず:らーぽん(狐)○
【霊能者】
・隣:吊られ
・一般市民(私):隣○(狂)

私視点で狼犬さん真確定で、しかも噛まれている。残った占い師は狼確定。
ここは真霊能者なら「吊られてもいい」と言える状況じゃなかったような気がします。
占い師無し。狼全員生存中。ここは真なら生き残りを図る状況でした。
ハウス尾崎さんはそこら辺を突っ込んだ訳ですね。
・・・突っ込まれた時は本気でビビりましたw

で、こんな感じでミスや矛盾を探していく、というのが3の推理法です。
実際には完全な「矛盾」なんてのはなかなか無いんですが(上の例も「矛盾っぽい」けど「矛盾はしていません」ね)、とにかく矛盾っぽいものを探していくというのが大切なんじゃないかなあ、と思います。

あと、4.はCOの早い遅いとか、呪殺対応とかからの推理ですね。5.は言わずもがな。

分類1のそれぞれについて、みんな大体この1~5の観点から推理してるんじゃないかな~と思ったりする次第です。
まあこの分類はまだ未完成なんで、抜けや重複がありそうな気もするんですけどね。

・で、この分類が何の役に立つの?
たぶん、大して役に立ちませんw
こういう分類を作ってみたのは「作りたかったから作ったんだ!」というだけの気もしますw
この中で使っていなかった推理法があったなら、それにもうちょっと注目してみる・・・くらいが分類の役立つ点かなあ・・・。

まあ、とにかく分類してみましたw
次からはここでまとめた「分類1」それぞれについて具体的に推理法を書いて行けたら、と思います。
まずは「発言からの推理」について書ければ・・・いいなあ。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/26(火) 18:55:58|
  2. 推理方法の研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<33639番地 潜伏狂人・狩人CO・狼の最後の抵抗 | ホーム | 33535番地 普通村でのグレラン勝負>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mrlawrence.blog106.fc2.com/tb.php/35-2341c66e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Mr.ローレンス◆W6GclT7M0Q

Author:Mr.ローレンス◆W6GclT7M0Q

旧HN:レッドアイ(旧わかめて初期に使用)
旧トリップ:◆zm4wcnxDJo(トリ漏れにより変更)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。